KAKAAのカルマン 10年乗ったミニを手放して63年式のカルマンギアを購入。通勤車はこれだけ!ミニでなんとかのりきれたんで調子にのってビンテージ車を通勤車としてしている。これからどうなるんだろう?なにがあるんだろう?

最近の記事
引っ越ししました。
04/25 21:03
へぇ~そうなんだ。
04/19 22:09
オイル交換そろろ
04/14 21:28
オイルチェック
04/11 20:58
通勤できる喜び
04/07 22:17
現在の状況
03/23 12:00
カッフン
03/10 22:05
寒い~3月。。
03/03 22:54
う~ん、ほんと少なく…
02/20 20:44
あ。。。雪が。。
02/15 00:11
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 06:02
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 05:30
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 13:59
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:10
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 13:49
最近のトラックバック
2010 イベントレ…
10/09 09:06
2010 イベントレ…
10/08 02:48
第2回カルマンギア1…
10/05 17:25
カルマンギア フロン…
06/04 16:41
MORE APE
11/24 00:12

DC-DCコンバーターみっつけ!

12Vをなんらかの方法で12V以下にする。。
でも。。よくあるのはAC100Vを12Vとか24Vを12Vとかはよくある。。それにくわえて決して安くはない。。また、あったとしても出力がmA単位でワイパーモーターを動かすにはあきらかに容量不足。。
自分で設計できればいいけど小生にはそんな知識はありません。
でも、これならというのが見つかったので。。。
これ↓
DCキット
なんすか?これ。。ですがDC12Vをボルトダウンできるキットです。
パーツはこんな感じ。
パーツはこんな感じ
ハンダ付けすればいいだけ。価格もリーズナブル。。
容量も5Aとまあ十分。

特に重要なパーツはこれね。

とくに重要なパーツね


金曜の夜にテレビをみながら久しぶりのハンダ作業。。
結構楽しい。。
ハンダ終了


今回はボリュームは付けなかった。
この場合は12V→9Vになるらしい。
9Vじゃ多いじゃん!となるがくたびれた小生のワイパーモーターには9Vくらいが適当と判断。
(ボリュームをつけると9V以下無段階に操作可能です)
 ワイパー動作が無段階に調整可能!というのはちょっといいかも!と思ったがよくよく考えると必要もないだろうということに。。。)

でも、かっこよくハンダできなかった。。
これが基盤
まー各所通電はしただろうってことで。。。

で、仮装着はこんな感じ。。
仮装着はこんな感じ

写真ではわからないでしょうけど10cm×5cmくらいの大きさがあります。
でも。。このままじゃいずれホコリだらけでそれが原因で発火でもしたら。。。
ってことでまたもや100円均一にいってケースになるべくものを物色。。。

ない。。ない。。ダメ。。あれあれ??
ブリキなどの金属性の小物入れって数年前は沢山あったt思ったのだけれど最近は、プラスチック製品ばかり。。。。
ちょっと大きくてブサイクだけどしかたない。。
それに入れてみました。。
あったのはこれだけ
あ!はは、はは、は!何これ~、へんなの~。
これを持ち歩いていたり、家の前においていたり、まして駅でもうろついていたら完全に通報されます。
あきらかになにか怪しいものです。
(爆弾処理班が出動しそうでシャレになりません。。)

ホントはアルミのケースにコンパクトに収めたかったのに。。ま、いいでしょう、いずれやりましょう。。
(そーやってやり残すことが積み重なる。。。)

あ、ちなみに箱に穴あけて基盤を樹脂の柱でうかせた状態で裏からプラスチックのネジでとめてました。

さて。。
どこにどーやって装着しますかね。
ってことでこれまた100円均一で買ったKids用ベルトを
短く切ってフロントトランク内にこんな感じで装着。

まず、防振対策して。。。
これまたおかしい!

このベルト短く切って。。
子供用ベルトで。。

こんな感じで完成。。
これでOKかね?(汗)
配線が出ているとこは断線防止に自転車の空気バルブのキャップに穴をあけて配線を通してそれをボンドで固定してあります。

あはっ、これ、いったいなんでしょうね~。
飴玉でも入ってそうです。
違う、違う、自分のイメージとちゃう。。
でも。。。いいです。とりあえずこれで。。。

で、
今回は保留としましたがワイパー速度無段階調整もやってみようかと検討はしました。
小生、車内にポン付けというのはあまりしたくない。。
見た目はそのままシンプルにいきたいと。。。
そこで一応トライしようとおもったのは。。

またもやワイパーのスイッチ。
ほら、VWのスモールランプってつまみを回すと明るさが調節できるじゃないですか、あれとおんなじ感じでワイパーのスイッチノブとインバーターキットのボリュームを連動させたらいいかなと。。。

これ、取り出したワイパースイッチ。
ワイパースイッチね

これね、軸の部分がいい具合にくるくる回るのですよね~。これって、いい感じなんだけど。。

スイッチばらして。。
スイッチばらして。。
あ~、、、いけそうかと思ったのですが。。。
ここまでやってめんどくさくなってきました。。
案としては古いラジオのノブみたいにこの軸に糸を巻きつけてボリュームと連動しようかと思いましたが。。。

実は今、以前にも書きましたがワイパースイッチにはウオッシャー用のスイッチがおしりにこんな感じで付けてありますのでさらにボリュームを連動させると結構めんどい感じです。
スイッチ再び
↑結構、自画自賛。

ここまでやっておいてワイパー速度が無段階で調整できることになんの意味があるのか?そうっす、間欠ワイパーではなく、ワイパー速度が遅くなるんだもんね~。
やっぱいらんわ。

あ、ちなみにワイパーの動く速度は9Vでまあまあでした。とりあえず一件落着?かな。
(実はワイパーモーター自体が相当くたびれているのでと。。。)















パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

ノーマルマフラーの続き

途中からですみません。
引き続きノーマルマフラーの件、その後です。

中途半端になってしまったボルトは実はそのまま。。
いけませんね、でも、いずれやります。いずれやります。。いずれ。。。。。。

と、その前にやっておかなければならないことがある。
オー!ノーマル~
このノーマルマフラーですが、旧マフラーにはないものがあります。
それは両サイドについているお饅頭みたいな丸いものです。
これは、ヒーター効率を少しでも良くしようと改善されたものと思います。(あ~んまり効果ないと思いますが。。)
つまり、今まではファンからの送風→ヒートイクスチェンジャーの繋ぎになっていましたが、今度はファンからの送風→お饅頭のようなもの(サブヒートイクスチェンジャーとでもいうのでしょうか?)の順番になります。
これ。。
装着後です
このように一見ファンからロボコンの手足のようなアルミ製ヒーターパイプがエンジンの下にきちんといっているように見えますが、実は。。。。
おまんじゅう
ほれ、この通り、ファンから送られた送風はむなしくもエンジン下ではヒートイクスチェンジャーへは繋がっていなのでした!
こ、これではヒーターとしてもなんも意味もない。。。
ロボコンの手足のようなヒーターホースのあまった部分を使えばいいじゃないかと思いますが、ほれ、よく見てください。単にパイプのものをこの繋ぎのために装着するにはせっかく装着したこのマフラーをまた全部外さなければならない。(本体側を外すってこともありだろうけど。。けどいずれもめんどいデス)

と、いうことで素人らしく思いつきで実行です。
0.2mmのアルミの板がそーとー昔に買ったまま中途半端にあまってました。(ラジコン飛行機作っていたころに購入したものかな?かれこれ20年以上前のもの??ーこれだから素材関連はきれっぱしでも板っきれでも捨てられません今でも。。)
アルミ板

いくら薄いアルミ板とはいえ、いきなり板をキレイに巻きつける自信はないのであらかじめ必要な長さに切ったアルミ板を2周するくらい分長めに切ってまるみをつけておきましょう。
まーるみ
ウルトラマンに変身しようとしているのではありません。
(これ、育毛トニックのサンプル品でかたどりしてますー笑)

こんな感じです。
できあがりまーるみ

で、この板をサブヒートイクスチェンジャー?とヒートイクスチェンジャーの間に巻きつけて50mm直径のホースバンドで両端を固定して装着です。
(最近はこのホースバンドのようにネジを緩めると外れていちいちホースを外さなくても装着できるタイプのものが意外と少ないような。。。)
おまんじゅう完了

これでとりあえず完了です。うん、ヨシとしましょう、してください。。。

それにしてもノーマルマフラーっていくら2本突き出ているからといって細いですね~、こりゃどーみても今まで装着されていたマフラーに比べると排気効率は悪そうです。
直径比べてみますかね?
ノーマルマフラー直径
う~ん 直径で2センチくらいでしょうか?開口面積で3.14cm2、2つで6.3cm2、一方旧マフラーの内径は、
内径
4.5cm。。う~んでも実際のマニホールド内径は3.5cmってところでしょうか。。ってことは断面積で9.6cm2ってことですね~、ノーマルマフラーは2本もパイプが突き出ているのに旧マフラーの断面積の1/2以下ってことですか。。

う~ん、ノーマルマフラーの断面積がこれでも十分ということであれば断面積が大きくても圧力損失はほとんどないのでしょうけれども。。。

そんなことを感じてしまっているせいかノーマルマフラーにしたらちょっぴり力が弱くなったような気がします。
でも、そんな問題になるようなことはまったくないからこれでOK!
キュルキュル?シュルシュル?ピュルピュル?なんていうのかノーマルマフラー独特な音が楽しいですぅ。
つきでてるけど。。。
あの~、テールパイプってこんなに出てましたっけ?
よく見たことがないからわからないが、これ以上は短く×です・
あ、そうか!本来はバンパーガードがあれば面イチくらいなのでしょうかね。え~mmなんちゃってシングルバンパーは寂しいヨ。






パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:45 | コメント(6)| トラックバック(0)

ノーマルマフラー!

これ、ノーマルマフラーです。実はこれ、このブログやカルマン100台ミーティングでお会いしたある方からいただいたのです
オー!ノーマル~
マフラー自体もそうですが送る手間もあったでしょうし、送料もかかったことかと思います。本当にありがとうございます。
(いまだになにもお返しができていません。。。。)

そんなノーマルマフラーですが、このマフラー、ギリギリ’63年式のカルマンにも装着できるらしいのです。
”いつかはノーマルマフラー装着できあたらな~”なんて思っていら突然のサプライズで小生の手元にきました、ホントにいいのかな~?と思いながらも装着させていただこうかと実行することにしました。

既存のマフラーを外します。
そのためにはまずエンジンチンが邪魔なので。。
エンジンチンハズシ
チンを取ってしまったのでハーフになりました。
ってひとりごとをつぶやきながら、マフラー本体も取り外し。。
旧マフラー

おーノー!ここでトラブル発生!、エンジン本体から出ている四つのボルトにしっかり固定されていたのですが、その四本のうち一本が錆びたボルト&ナットのを外すちからに耐え切れずなんと本体側から緩んでしまいました。あちゃー、ボルトが錆びていてなかなかきつかったのに無理やりナットをまわして外そうとしたからです。。
涙。。こーなったらもーそのまま外してしましかないとその一本はナットが完全に外れないままボルトごと抜いてしまいました。
(すみません、ショックのあまり写真とってません。)
このときはノーマルマフラー装着時にまたそのままつければいいやなんて安易に思っていました。。(これは後ほど。。っというか想像する通りの結末ですが)

ま、こんな感じです。
ボルト&ナット3
素人がやってしまいそうなミスですね、こーなってしまったものは
どーやってナット外せばいいのでしょうか?(ションボリ。。)
こーなる前に対処すべきことはあったのですが。。

うん、でもめげずに作業を続けます。
あ、でもせっかく外したパーツなのでどーせならキレイにしますかね。ほら、このチンチン、塗装がひび割れて汚らしいですので。。
ひび割れ

最近こんなことばっか。。
古い塗装と錆びを落として。。
チン磨き

以前、マフラーを塗装したときにあまったブラックつや消し耐熱スプレーを塗布しておきますね。
チン塗装

この後マフラー組み付け、装着です。
案の定、先ほど本体から外れてしまったボルト&ナットをマフラー装着してからそのまんまねじ込んでいきましたが、途中までしか入りませんでした。(少しだけ、エンジン側のねじ山がいっちゃったかも。。。)、あちゃちゃ。。でもなんとかしっかり固定されていそうです。またの機会に本体側にしっかりボルトを固定させるように何か方策を考えておきますかね。(といっていつかやろうとしてやっていないことが沢山あるような。。。)

とりあえずOK。
装着後です

あ、テールパイプはただのパイプかと思っていたらちゃんと芯があるのですね、だからあの独特な音がするのかな。
テールパイプはこれで?

テールパイプですがどんつきまで入れると穴がふさがったような感じになりそうだったので5mmほど最深部から戻してとめました。
こんなに出てるのでしたっけ?
パイプ飛び出し

とりあえずいいか、ってところと思いきや、いやいや、これだけじゃだめなんでした。今はいけど冬がきたらね。
ってことでこの後に続く。





パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 11:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

またこの季節がきた。

今日は、とても暑かったですね。けれども窓全開で走っていると、ところどころ気持ちのいい冷たい空気が車内を一瞬流れます。
ふと、目をやるとそこには緑いっぱいの木々が車道の横に生茂っております。う~ん緑って大切。こんなに気持ちがいいのに皆さん窓を閉め切ってエアコンつけてあー色々な意味でもったいない。
とはいうものの今だからまだいい、もっと暑くなるとちょっぴりつらい。
ってことでエアコンの冷気がいまひとつ苦手な小生は懲りずに扇風機を取り付けました。つけたり、外したり、面倒ですがこーゆーことでも季節感を満喫?しております。
扇風機またもや

治具を作ってラジオのつまみにとも締めしてあります。
あらためて見るとつけ方がやっぱスマートじゃないな~。
今年はもうちょっとキレイに装着する方法を考えようかな。

あっ、最近、急激な加速すると右リアあたりからガガガってこもった様なイヤな音がします。フツーに加速する分では問題ありません。デフとかそーゆーところがくたびれているのかな~。。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

寒いけど首に巻けないマフラー

先日お店に行ったとき、あまりにもボロなマフラーをみかねて、店主がマフラーをくれました。
これです↓
サビサビマフラー
黒いのは今まで装着していた方で、サビサビの方がもらった方です。
サビサビじゃないか?えー、そうですね、だけど問題はそーゆーことじゃないんです。鉄に厚みがあるかどうかが問題なのです。
今まで装着していた方は鉄板(鉄板というよりもありゃブリキ板ですな~)がうすく、一昨年のカルマン100台ミーティングとときにボッカリ穴があいてしまってその後小生がなんとアルミ板リベット止めして穴を塞いでいたのでした。ところが最近になってあきらかにどこからか排気漏れしたプスプスとした思わずオナラが漏れてしまったときのような音がしていました。

このサビサビマフラー、復活させてみましょう。
まず、フランジが合うかどうか?
フランジOK
フランジはOKですね。

では、作業に取り掛かりましょう。
まず、これをどーにかしましょう。
メッキがあれば

かなりきてますね~、でも、大丈夫です。
ここも問題は錆ではなく、メッキの厚さです。
鉄板もメッキも厚ささえあればどーにかなります。
(と、いまのとことろ勝手に思ってマス)
たぶん、これはフツーの錆落としでキレイになるハズです。

ゴシ、ゴシ、ふきふき、ゴシ、ゴシ、ふきふき。。。。。

ほれ、どうです。
キレイマフラー
ここがキレイになると俄然、キモチが高まります。
では、全体の錆を落としましょう。
最近は錆落とし用のサンダーも色々なものがありますね。
ホームセンターで錆落とし専用の替刃をつけて。。
サンダーで錆落とし。。
だいたいです。くぼみの部分の錆は除去できません。。ま、良しとしましょう。サンダーで磨けない部分はワイヤーブラシで磨きました。

表面にサビサビ粉が沢山ついていましたのでこの後クレンザーをつけてまるで靴を洗う様に水洗いしてしまえ。(もちろん内部には水が入らないようにしてね)
本体がアッツくなるくらい十分に天日干し(イカみたいに。。)した後、耐熱ブラックでスプレー塗装しました。小生、このつや消しが結構すきかも。。。
完成マフラーです

さっそく装着してみましょうかね。
装着マフラーヨ

うん、いいです。
あ、でもこれ、かなり低くなりました。
バックで車止めには”必ず”ヒットしそうです。注意せねば。。
あと、このマフラーにはフランジ以外にボルトなどでとめるところが
ありません。走行中の振動などでフランジの部分にはけっこうな力が加わりそうですが大丈夫なんでしょうかね~。。。

試し鳴らし?も兼ねてちょっとドライブ。。
山の上で。。

町と

桜は散ってきましたね。

あっ、塗装してから大して乾燥もしないまま走ってしまいました。
ありゃ~。ま、いいでしょう、所詮、素人のにわか塗装ですからいずれにしてもすぐに錆びてくるでしょう。

と。。

っしたら今日、ある方からサプライズプレゼント貰いました!
内緒、うふふ。(もちろんカルマンに付けるものヨ)












パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 22:02 | コメント(2)| トラックバック(0)

⑩ベンチュリーバルブ?取り付けウオッシャ~!

さて、そいつをタンクに取り付けマス。
タンクに取り付け
隙間はハンダで埋めようかと思いましたがポリ製のタンクに近いため、へたくそな小生はハンダコテの熱でタンク本体をグニョグニョにしてしまいそうだったのでここはちょちょっとエポキシで埋めました。
ささ、早速カルマンに装着。水がちゃんと出るかお試し。
お試しのために

バルブの先っちょに黒いキャップが付いていますがちゃんと先端に穴を開けてありますヨ。

スイッチーオン!!!

カタカタカター、コンプレッサーが動きます。。
しばらくすると。。。
お、お、お、いいじゃん、ちゃんと出る出るっ。
またもや出る出る

さて、問題はこの後、スイッチオフーっ!
今まで止まるのに十秒くらいかかっていましたが今度こそ大丈夫そうです。十代の頃のおしっこのようにすぐ止まります。(あはっ)
そりゃそうーだ穴が空いていますからね!
なんかアイディアだけはすっごいと自分自身では◎。。
タンク内圧が低いときはコンプレッサーからの空気流速で穴があってもタンク内に空気が溜まり、タンク内圧が高くなって流速がなくなるとバルブの小さな穴自体が空気抜きの穴となって今度はその穴から空気が突出し、タンク内圧が高くなるのを防ぎます。お!すげ、いいぞこれ!


でも。。どのくらいベンチュリー効果があるかは実は疑問。。
ごく初期の段階でタンク内圧が高くなるので単に空気抜き穴として働く時間の方がぜんぜん多い。。。というオチでした。


パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 16:38 | コメント(2)| トラックバック(0)

⑨ベンチュリーバルブでウオッシャー

ベンチュリーバルブ。。。そんな言葉が存在するかわかりませんが、一応、そーゆーことにしておきましょう。
ラジコンエンジンのキャブレターからの発想だと思う。。。
じゃ、それをどーに作ろうか?
100円均一で樹脂のPEパイプを手に入れてそれを火であぶって細長くして作ってみたが強度が足らなく断念。。。
と、いうことでもうちょっとシンプルかつスマートにいこう。。。
見つけたのはこれ↓
自転車バルブ
本来ゴムのチューブがついていますがそれを外したらいい感じに直径1mmくらいの穴が一個だけあいています。
それでもってさらに自転車用のバルブの本体に3mmくらいの穴を横から貫通させて。。。
自転車バルブ本体
その穴に自転車バルブをぶっさします。
ぶっさし
自転車バルブの小さな穴の向きは空気の流れに直角になるようにしました。
穴方向からみると。。。
穴からみるとこんな感じ。。
いい感じでしょ?これ?
はて、いったいなんだこれや?って

空気の通りに絞りはありませんが横から貫通させた自転車バルブの直径分空気の流れが細くなるはずですからこれでベンチュリー効果は出るハズです。まさにラジコンのキャブレターそのもの。。。

あ、まてまて、ここで十字に固定したらウオッシャータンクに取り付けられませんね。あぶない、あぶない。

つづく。。。


パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 16:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

⑧まだ、やるんかウオッシャー

先日、オイル交換したとき、例のウオッシャーをお披露目。
カタカタ、ピロピロ~とカルマンのフロントガラスに水がかかる。
で、スイッチを止めても。。。。
ピロピロ~と思いのほか残尿感、、いや、なかなか水が止まらないのをお店の方がみて一言。。
”う~ん水が止まるまでの時間長いな~、車検のとき、なかなか止まらないウオッシャー液ってどーなるのかな?”

自分自身もこの切れの悪さはどーにかならんものかと実はずーっと考えていた。
スイッチを切ってもノズルからでる水をピタっと止めるには、ノズル手前に電磁弁などを付けて残圧があっても強制的に水を止めるか、もうひとつはタンクの内圧を下げる。電磁弁とかそーゆー電気的パーツを増やすのはなんかつまらない。当たり前すぎるし、なんかめんどい。。
色々考えたあげく、スイッチoff後、タンク内圧を低くするような方法で、やってみました。

スイッチとかそーゆーのを付加しないで、スイッチONでコンプレッサーの圧をタンクに伝え、かつスイッチoffでタンクの内圧を下げる方法。。。つまり、穴が空いているのに空気が抜けない不思議なバルブを作ればいい。

昨日その考えを実行してみました。

たぶんヒントはこれだったんだろうな。。。↓
お手本はこれ。
つづく
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 17:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

ごちゃまぜだっていいか。。

ここ数日でネタになるようなことがいくつかありました。。。
まずひとつめ。。
所用でどーしてもカルマンでは運べない荷物を運ぶことになりました。
さて、どーしよう?
どーしようたって。。。。あっ。。あれしかない。。。
これだ。。
錆錆キャリア
あ、なんすかこれ?錆錆ではないですか。。。
そーっす、これはMINI用のルーフキャリアです。
MINIを手放してからそのまま。。捨ててしまおうかと思って、無残にも雨ざらし状態数年。。しかも土の上で。。
そう、これは自然に帰るまで見届けてやろうかなんて思っていたくらい放置、放置されたものです。
でも、捨てなくて良かったあ。
ルーフバンドの止め金具が一個錆びてとれてしまったというハプニングがあったものの結構すんなり装着です。この錆具合が逆にいいじゃんとか思った。。カワイソウに。。。
横から
横から
後ろから。。
後ろから
生粋派の方には怒られそうですが、ここはとにかく荷物を運ぶことが目的、見た目は二の次。。(でも、意外にいいかもなんて思った小生はダメ?)
カルマンにどーかは別としえキャリアがあるだけで積載量がうん倍。実際、MINIに装着しているときはこの上にスノーボード&ブーツやらなんやら満載して重宝したものです。

ほれ、自転車も難なく。。。
自転車積み

すみません、ウソつきました実際には難アリですが。。。
でも、キャリアがあると車としての巾がグーンとあがるのを実感した次第です。。。

このキャリア、目的を果たしたらすぐ外しました。
みてくれもそーですが、長く付けっぱなしにしておくとルーフキャリアの跡がボディーについてしまうのです。
そのかわりもう、雨ざらしにはしていない(今更遅い?)
ちゃーんと保管しておきました。
(十年以上経過しているのに吸盤のゴム部分はしっかりしていて
ヒビわれなんていっさいなかったな~)
こーやって、捨てようかと思っていたけど捨てられないものがまた増えていくのです。。。
それにしてもMINI用のルーフキャリアがほぼそのまま装着できるってことはカルマンのルーフの幅は、MINIとほとんど同じなんですね。。。

パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

何かひとつでもいいところがあれば頑張っていける!?

旧ローターの写真ですがR5ってあります。
ローターの抵抗5歳以上限定?なんて。。。調べてみると5KΩらしいです。
空冷VWはこれが多いみたいです。
先日テスターで計測したときにメーターがびくともしなかったのは小生の持っているテスターの抵抗計測MAXは2kΩでした。これでは抵抗値が計れるハズもなかった。
このローターですがほんのちょっぴりですが小さな亀裂がありました。ローター亀裂?
まーこの程度は問題ではないのでしょうが。。。
ところであれからエンジンのかかりは絶好調です。ちょっと前はセルを回してから数秒かかった感じですが今はホント一発始動で、以前の調子を取り戻しております。小生のカルマンは、ーエンジン”は”調子いいねとー、言われる”は”ですからエンジン不調の際はほんとへこみました、そう、他のことはダメだけどこれだけは自信があるってことをダメだと言われてやる気も生きる希望もなくなって屍のような状態になってしまった人間のように。。って大げさですけど(笑)

これへんてこな写真ですがファンハウジングの裏側です。ファンファン
暗いところなのでうまく見えにくいですが、なにをいいたいかと言うと小生のカルマンにはサーモスタットにより開閉するリング状のものがありません。(エンジンの温まり具合で開閉して空気の流れを多少調整するようになっている機構が本来あるみたいです)もちろんエンジン下部のサーモスタットも付いておりません。そう、小生のカルマンは寒い寒い朝でも”やっちまったな”(クールクール、クールポコ)状態なのです。
これも冬場にエンジン不調になりやすい原因のひとつなんでしょう。。


パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 15:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

あ~ヘンなことしてるぅ

内部サイドミラー
この写真の右上ですがへんなものがニョキっとくっ付いてます。
えぇ、なんてことありませんがミラーです。でも助手席用の化粧ミラーではありません。右側用内部サイドミラーです。
小生のカルマンの右側ミラーは、取り付け位置が悪くて運転席からはピラーが邪魔になって認識することができないのです。
今まで苦にはならなかったんですがちょっと前にサービスエリアから出て合流するときに本線を走っていた赤のBMWと危うく接触するところでした。全然気が付きませんでした。ヒヤリ~でした。
そんなこともあって見てくれはどーあれ、こりゃなんか対策しておかねばならんといけないということで100台Mのときには吸盤で貼りつくタイプのミラーをここにつけていました。まー結構見えて何もないよりは遥かに良かった。。。。
けれど、そこらのホームセンターで売っているこのタイプをどーしても付けっぱなしにしておくことができなかった。。。。
そこでバイク用のミラーをくっつけました。小生のカルマンは生憎グラブハンドルがなく、穴が開いていたのでその穴を使いました。
だからって”これ?”なんていわないでくださいね、本人はそこそこ重宝していますのでしばらくこのまま。。
ただ、このままで助手席に人を乗せるのはちょっとキケン。。なにかあったら顔面がミラーに。。。。って思うとぞーっとしますので。。。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 00:27 | コメント(4)| トラックバック(0)

ワイパーっていつまでワイパー?

先日、ワイパーがジャンパーしてしまった件ですが、これが小生のカルマンに付けられているワイパーです。

俗にいう、カミソリワイパーと称すもので低年式のビートルやバスなんかに使っているものと同じです。
カミソリワイパー
これは、ウインドウが平面なビートルやバスならいいのですが、カルマンのような曲線ウインドウには適しません。
購入時はワイパーアームがものすごく長かったから多分バス用が流用されていると思います。このタイプのワイパーブレードが本来どのように付けられているか知りませんが、小生のはこんな感じです。
カミソリアーム
ただの棒のようなワイパーアームにブレードがネジ一本で固定されています。アームにポッチかネジ穴でもあれば外れないのでしょうが、そんなものはありません。
ポッチないじゃん
これでは、ネジが緩んで外れてしまうこともあるでしょうね。。。。

実は、このカミソリワイパーは見てくれは結構気にいっているのですが、ワイパー本来の役目を十分に発揮できていなかったので少々不満(というか視界が狭くてとっても危険)でした。
そりゃ、そうですよね、局面のウインドウに平なワイパーブレードなんて。。。

先日も大雨の中、犬の散歩みたいにゆっくり走っていた次第でして。。。
そんなこともあって、このワイパーを使っていたらいつか大きな事故を起こしてしまうだろうと神様orご先祖様が、わざとワイパーブレードをどこかへやってしまったのだろうと小生はいい方に勝手に考えています。
早速ですが一昨日FLAT4にワイパー&ブレード発注!
これはちょっと割高だな~と思いつつも安全には替えられないだろうと。。。。。
今日、たかがワイパーの取り付けにちょっと苦労しました。
それは後日にでも。

パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 20:23 | コメント(2)| トラックバック(0)

電源として適切なもの

携帯の電源を市販のシガーソケット用充電器から充電してさらにその携帯にスピーカーをつけるとノイズがでまくり。
この回答がでました。
電源に用いたのは下記の2種類(あと、写真にはないがもうひとつシガーソケット用充電器も試しました)

結果です。
空冷用電源に適切なアイテム?
右は12Vから直接携帯に充電するタイプ。左はUSBポートタイプです。右の12V電源を現在の日本車に装着して充電しながらスピーカーを接続しても問題なし。しかし、これを単純な配線をした小生のシガーソケットに差込で携帯の充電をしながらかつ、スピーカーも接続するとノイズが発生する!。おそらくフツーの車のシガーソケットにはノイズカットされた電源がくるようになっているのだろう。。
しかし、小生の場合、カルマンのワイパー電源の元から12Vの+を直接(もちろんヒューズくらいは付けてますヨ)配線しただけだとノイズが発生して携帯を充電しながらだととても聞く気になれない音質。。。
もう、ひと種類12Vシガーソケットから携帯に充電するものを試してみましたが結果は同じ。
どーしたものだろうか。。。。。。
携帯電源の元に下記にのようなコンデンサーをかましてみました。
(これはラジコンのモーター用ノイズキラーコンデンサーです)
こいつを三つ並列に携帯電源の+-にまたがしてみました。
エンジンの回転数にともなうノイズは聞こえなくなりましたが雑音は消えることがありませんでした。
ノイズキラーコンデンサー?
どーしたものかと悩んでいたのですが、USBポートタイプの充電器から変換コネクタ(写真左のやつ)を介して充電してみたところ。。。。
あれ、あれ、全然ノイズ&雑音が聞こえない!
どーやらUSBポートタイプのものはハナっからパソコンなどに使用することを前提として作られているためかノイズ対策が施されているようです。
ってことで電源を空冷VWからとる場合、USB出力タイプのほうがいいようです。(もちろん他の機種はわかりませんので、あくまでも小生が購入したほんのひとにぎりの充電器でのハナシです。)

ってことでスッキリしたので晩酌しましょう。
おつまみ

今日は山梨のワイン(1000円程度です。。)が手に入りましたので。えへへ。
和食にあう白ワインとのフレーズでしたのでいつもの特性ツマミで。。。
あ、なんか、やっぱりだめか。。こいつには焼酎が似合う。
(白ワインにあうおつまみってなんですかね~、教えてください)

このおつまみなんでしょうか?ハイ、そのまんま納豆です。
市販の納豆にイリゴマ、にんにくパウダー、七味唐辛子、パセリをまぜたものです。
なんだこれは!!気持ち悪いと思う方も多いでしょう。
小生はほぼ、毎日これを酒のつまみにしています。
大豆のイソフラボン、胡麻のゴマリグナン、唐辛子のカプサイシン、等々健康(頭皮にいいもの??)にいいとされるものを全部まぜました。
でもね~、どれも某テレビ局で問題となったあの番組からの情報です。。今となってはまやかしものですが、本人は根気強く頑張ってます(アホやな)

パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 19:19 | コメント(3)| トラックバック(0)

これでオーディオなの?

ここのところ携帯だけでカルマン車内で聞いています。
ま、これはこれで便利なんですがなにせ音が小さい!!
ちょっと前にこれらを購入しましたが日々どうーしようかと考えていたのデス。
おばあさんのひざ掛けじゃん~
毛布は今、お世話になっていますが今日はここにある携帯スピーカーです。色々ある携帯スピーカーのなかで980円という一番安いものをなんとか探しました。このスピーカーはバッテリーを持っていて充電式です。パソコンから充電できるようにUSB端子が付属されています。
さて、このスピーカーをカルマンのどこに設置しましょうか?
ひとつはこのスピーカーを分解してベニアの箱を作って音の改善と携帯電話一体型ミニオーディオみたいのつくろうとおもいましたが面倒くさくなってやめ。じゃ、そのまま設置しようかとあれこれ考えてサンバイザーの間に挟もうとかパーセルシェルフの上に置こうとか色々考えましたがどこにどーにおいてもちょっと邪魔くさい。。。。ってことで結局ここにしました↓
スピーカーはスピーカーの位置に
スピーカーはスピーカーの位置に!なんとも素直な答えです。小さいし、薄いし難なく収まりました。(カッコ良く設置したいと思ったのですが結局、飽きたら外せるようにタイラップで固定デス)
スピーカー同士が近すぎるので気持ち外側に向けてます。

んで、このままでは隙間から風がスースー入ってきてしまいますので
スピーカーの丸穴あけたカバーを付けてからスピーカーグリルを付けてこんな感じです。
ちらっとスピーカー
えへへ、いいじゃないこれ。ひとり満足です。
でも。。。これじゃスピーカーの充電できないじゃん!
っことでシガータイプソケットとUSB端子付き12V充電器をこれまた安価で購入。
シガーソケットはとりあえずダッシュケースに装着ね。
ツインタイプのシガーソケットですがもう1つは携帯充電用です。
シガーソケット
手前の黒いやつは携帯付属の充電&台です。
これで、携帯をカルマン車内の音楽&ナビ&テレビ用にできました??

と・こ・ろ・が・・・・・・・・・・・・・
悩んでいる方は多いのでは?携帯電源にノイズが入って充電しながら
走っているとジェネレーターからと思われるノイズをひろいまくりです。音質どーのこーのよりもお財布携帯ですので壊れてしまってはなおさら困る。
う~ん、この12V携帯充電器ですがフツーの日本車で試したときは
ノイズはありませんでした。
どーやら電源系統にノイズフィルターを入れないとダメっぽいです。
携帯電源外して、スピーカー電源を入れただけの場合はノイズは入ってきませんのでスピーカー電源用のシガー電源ユニットにはノイズカットが入っているのかもしれません(USB端子用なのでパソコンを車内で使う前提で作られているのかも??)

アーシングしたときにマイナス配線にフェライトタイプのノイズカッターをかましていましたがそんなものではこれっぽちも役に立ちません。
色々調べてみるとバッテリーの+-に直接つなぐものや、オーディオ電源の間に入れるものやスピーカー配線の間に入れるものなど沢山あるのですね~
でも、でも、それを購入すると安物スピーカーを探して携帯をムリヤリ車内のAVツール?にしようとした意味がない!(数千円するのでそれならば素直に中古のオーディオでも付けたほうがよっぽどマシ)

同じことしてる方いるかわかりませんが簡単にノイズをカットできる方法ご存知ないですか~。



パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

センターキャップ??

昨日、今日でいくつか作業をして写真もとりました。
まずははこれ↓
BRMタイプのホイールが付いていますが、センターキャップが購入時からありません。なぜ、ないかの理由は多分これだと思います。↓

これ、リアのホイールです↓
>リアホイール

ところがこっち、フロントのホイールです。↓
フロント側
なにがちがうかって言うとデッパリが違うんですよ。
リアはいいのですが、フロントはC-キャップが出っ張っていてBRMタイプの純正ホイールキャップが取り付けられないのです。
BUS用の深いタイプもあるのですが、カルマンには似合いませんでした(試しに1個だけ買ってみた。。使い道ありませ~ん)

何か代替のものはないかと日々物色していたのですが、見つけました!!これです!!100円ショップで見つけたお茶筒です。↓
>100円茶筒
これの、フタがなんかいけそう。。。

早速あわせてみましょう。あれ?ちょっとゆるいや。
だめじゃん!
ちょっとゆるい1

でも、とっさに4個購入してしまったので何とか使いこなして?みよう。
>ちょっとゆるい
試行錯誤しながらも結局、側面に木ネジを打ちました。

それにしても薄っぺらダナ~、こんなんじゃまたたく間に錆びて朽ち果ててしまうだろうな~。
そうだ、鉄用のさび止め塗料でも塗っておくかね。(内側だけですけど。。。)
錆び止め塗装
十分乾燥したあと、シルバーのメッキ風スプレーで仕上げて、こんな感じ↓
取り付け後<

コッケイだと笑ってやってください。本人はこれで満足です。
でも、、、なんかガンツ先生にこんな形のボタンが付いていたような。。。。

この他盛りだくさんです。(コマイことばかりですが。。。)それはまた後で。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 20:00 | コメント(4)| トラックバック(0)

フューエルポンプ

日曜に撮っておいた写真がまだ載せてなかったので。。
これ↓
新品フューエルポンプ
こいつが交換した新しいフューエルポンプです。
ブラジル製みたいです。全体的にちっちゃくなったのに機能は同じ
なのはおもしろい。
交換前までは確かにわずかなガソリン滲みがあったようで、交換前は写真のキャブのように湿っら感じで黒ボケてましたが、交換後のフューエルポンプはまだ、ご覧のように白っぽくカサカサした感じです。
どーせまた、そのうち汚れて、ススボケて、くたびれた感じになるのでしょうね。。。

この日は作業?が終わってひとっ走り行こうと思ったら近所にひっそりとあったログハウスがいつのまにかカフェとなっていたので思わずちょっぴり寄り道。。
ご近所カフェ
山の斜面に一軒だけポツンとログがあったので気になっていました。
メニュー
コーヒー200円は安い!しかもブルーベリーたっぷりのフルーツジュレも300円でした。
どうやら果樹園の方がそのまんま自分ちの果物使ってやってるようです。9月までの限定営業とあって、なんでもそのフルーツジュレが市内のお祭りのイベントで優勝したのでそれを是非とのことではじめたようです。

こんな感じでポツンとあります。
カフェ外観
カルマンの前にある看板は店の看板ではなくこの店の前から続くハイキングコースの看板。。あれ?いつの間にハイキングコースが。。。
ちなみに、この店の100mほど先の道路は台風時の土砂崩れで完全に埋まってました。。。。






パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:22 | コメント(4)| トラックバック(0)

アースです。蚊には効き目ありません。

先日取り付けてもらったのがコレ。↓
アーシングです。
もともとの配線はボディーに。そしてシャーシにもいってます。
(ちなみに赤いコードがマイナスですーフツーと逆ね)
アーシング1
そしてエンジンケースにも↓
アーシング2
そしてヘッドにも↓(もちろん反対側も)
アーシング3
今までエンジンケース1本のみの配線だったのが全部で5箇所直接アースされています。
バッテリーが後部座席にあるビートルなんかは結構効果的みたいです。車によっては燃費1km/L違う場合もあるそうで、もし、そーなら小生の年間平均走行距離が10,000kmですからかかった費用は1年で元がとれる計算ですー笑。
ま、そんなに効果は期待してませんが低速のトルクが若干いい感じです。今までの配線はエンジンケースに配線だけですからマグネシウム→シリンダー(鋳鉄)→ヘッド(アルミ)などとそれぞれちがった合金をたどってやっとプラグに通じていた電気をヘッドに直接配線すると効率がイイってのは理にかなっている。しかもエンジンのことだけ考えるならヘッドに直接だけでいいのですが今回のはボディーへのアースも直接とっていますのでヘッドライトへの抵抗も少なくなってます。ノーマルの場合エンジンケース→アース配線→シャーシ→シャーシとボディーをつなぐボルト→ボディーをたどってやっとライト等に通じてるらしいです。
効果うんぬんよりも”効率をよくする”ってあたりの考えがなんかエコロジーっぽくてカッコイイのでちょっとやってみました。
ちなみにノイズカットも入ってるのでラジオの雑音もなくなるらしい。(小生のラジオは壊れているから関係ないけど)

あ、ちなみ今日はキングピンのグリスUPとファンベルトの調整しました。キングピンのグリスはすぐ抜けてしまいますね、ハンドルがややふらつく感じが多くなると案の定グリス抜けてます。それとファンベルトは新品に交換しましたので100kmでゆるゆるでした。。。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 17:16 | コメント(3)| トラックバック(0)

扇風機

カッコ悪いのですがあえて。。。
先週あまりの暑さゆえ設置。それからやや暑さもやわらぎこのまま出番はないのかと思いきや、今日は活躍。
ほんと、こんなんでも信号待ちのときに辛くないです。
ホントはもうちょっと小さいのが欲しかったのですが探し回る気力もなくちょいと探してあったものですませました。
(商品のフレーズは”ワゴンに最適!大型車載用扇風機、エアコンの効率UP”と。。つまり扇風機を扇風機単体で使用することを前提に作ってませんから。。今時ー笑)
扇風機
パッセンジャーには邪魔です。ま、ほとんど乗らないしいいや。
もっと小さいものをパーセルのあたりに押し込んで邪魔でなくかつ目立たなくしたかったのですが、どーにもこーにも収まりません。
設置するには大型クリップ付いていてそれをサンバイザーに挟んで使うような感じで作ってますがそれではなお、かっちょ悪いので冶具を作ってラジオのナットに共締めして装着しました。
冶具
ちょっと写真わかりにくいですね。。
電源ですが、ラジオのヒューズがあまっていましたのでそこにつなぎました。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 23:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

消火器どこに?

まずこれ↓
ボトルラック?
ラジオの下にボトルがあります。
あ!、穴なんかあけやがってって?。え~だって購入前から穴が開いていたもので。。その穴の有効利用です。
カーショップなんかで売っている車用の飲み物入れみたいなやつはちょっとあれだったのでなにかいいものないかと探していたら、そーだ自転車用のボトルラックがあったな!自転車も小生のカルマンも汗を流しながら乗る乗り物だからきっと似合うだろうと(笑)。
ボトル自体は山とかにもってくヤツですがこれにストローをつけて自転車野郎みたいに飲みながら走ることも可能です(笑汗)。
もうだいぶ前に設置したものですが結構気に入ってマス。
(ラック自体は100円ショップで購入したもの)

で、消火器はというと。。しばらくここの置いておきました。
仮置き
おー!消火器自体がカッコイイと思っているし、取り出すのも楽でこのままでもいいんですがこの夏をのりきるにはここにあってはツライ、消火器は飲めませんもの~。

てっことで今日は消火器の設置場所を作ろうかと。。
ちょっと考えてパッセンジャー側の足元に設置することにしました。
(ドライバー側だと小生のいい加減な設置で、運転中に外れてペダルの間に挟まってしまってはタイヘンかと。。)
カーペットめくって、支柱にホームセンターでよくある穴が沢山開いてる細長の金属板をくるっとまいてネジでとめて。(写真は余分な部分をまだカットしてないところ)
ここにしようっと
で、カーペットだけはちょっと切れ目を入れてカーペットから飛び出した金具を90度曲げて、こんな感じ。
(カーペット自体はオリジナルとかそーゆーのでもないし、ぼろくていつかは交換しようかと。。)
消火器用ラック

で、消火器取り付けデス。
ここが定位置
う~ん、まーいいか。
消火器のある風景?
ボトルラックの位置の方がインパクトあって良かったかなと思うのと
作業を楽にするため厚さ薄めの金具で作ったのでちょっと固定のアマイ感じがイマひとつ気に入ってません。でもいいやこれでも。
でも。。写真で改めてみると余分なものが増えてきたかな~。
こーゆーのってしばらくハマッテ、しまいにゴチャゴチャになってある時とたんにさめてぜ~んぶ取り外してすっきりしたくなるんですよね~きっと。(なにせ今、欲しいは扇風機ですから。。)




パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 23:15 | コメント(3)| トラックバック(0)

パーセルシェルフの取付とフラワーベース

今日は天気も良く、こーゆー日は日曜大工?の虫がさわぎます。
あまり使わないだろうけどちょっといいなと思って購入しました。
ところでどうに取り付けるの?説明書なんてありません。貧粗な金具が二個付属しているだけです。
ご自由にどうぞ的な感じがこういったパーツ類は当たりまえ。
さて、どーしたらいいものか、
どーしたら??

ダッシュ下です。ここにどーやって付けるの??↓
途方にくれるの図
ボディーに穴をあけて取り付ければしっかりするかもしれませんがそれはなんとなくイケナイ気がします。
でも、どーしよう~ご覧のとおりダッシュ下には穴や突起がなく取付ようにも。。。

カーペットを剥がしてみたら、あ、いいのがあるじゃん。補強のパイ
プの様なものがあります。うん!いいぞこれがあればいける。↓
カーペット剥がす

家にこんなものがありました。これ、使えそうです。
でも、U字金具の補強出っ張りがあり、さっきの補強パイプの裏側に通せません。↓
U字金具

では、とういうことでハンマーで一旦、平らにします。↓
ハンマーで。。

付属の金具を90度曲げ、こんな感じに装着に両側に設置。↓
取付!

ハンドルポールの根元にもこんな金具を作って3点止めにしてみます。蝶つがいになってますのでペダル類のメンテのときに邪魔なら両側のネジを外せばパーセルシェルフはリフトUPできるようにと。。。でも多分使わないけど。↓
根元にも

カーペットを元に戻して完成です。(完成写真なのにピンボケ~)↓
完成!
装着した感じですがしっかり感がまだ不足です。パッセンジャー側が一点止めなのでちょっと弱い感じがしますが、とりあえず終了。
あ、それとフラワーベースも。。
あれ?赤の’57さんのと違いはじめから金具が接着剤でとめてあります。どーしよう磁石がつけられないじゃん!この金具ガッチリくっついてるんで取るのも面倒です。
フラワーベース

ってことでとりあえず付属の金具をJ字に曲げてグローブBOXの隙間に挟んでおきました。元々チリが悪く隙間がカッコ悪かったんですが正面からみればゴマかし効果があっていいや。
え、グローブBOX開けると水がこぼれるんじゃ?
でも平気。少ない水の量だとこんな形状してますんで結構○です。ま、いいか。↓
プチハートを
パーセルといい、フラワーベースといい今日はデジカメで撮ったんですが完成写真がどれもボケボケじゃん(ちょい涙)



パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:04 | コメント(6)| トラックバック(0)

内装&シートベルト

内装はこんな感じです。(影で汚く?見えますけど新品です)

naisou
購入時に内装屋サンに張り替えてもらったものです。当初の購入価格の中では既成のかぶせ物を装着する設定でしたがカルマンの内装キットはあまり出回らないせいか注文したら在庫がなくって3ヶ月待ち。。それじゃあってんでちょっと価格オーバーしますが内装屋サンに頼むことにしました。できる限りオリジナルに忠実にしたいとは思っていたものの同様なものを内装屋サンに頼むと結構値がはってしまうようでそれなら3ヶ月待って既成のものを装着したほうがよっぽどマシ。じゃあということで内装屋サンの手間がないように(その分安いから)となるべく同一カラー(その方が安いからー苦笑)自分であれこれデザインを書きました。これはこれですっごく楽しかったですょ、なにせ自分でデザインしたものが形になるってウレシイ!。。。当初はグレーのビニールだけの予定でしたがやっぱり欲がでてきます。ビンテージっぽくパイピングは欲しい、ステッチの模様もこーうべきだとかあーすべきとか、ついでに以前乗っていたMINIも内装屋サンで張り替えた前面ビニールのツートンカラーでしたが夏は蒸れるし冬は冷たいしということで中央の部分はモケットです。(安い生地。。。)
でも小生は予想しています。この手のものは何年か乗っていると破けてくるんですよね。。そうーしたら今度は既成のかぶせ物を装着しようかと思ってます。
シートベルトですが、この年式なら無くても大丈夫。でもいちいち止められて説明するのも面倒だし、なにより会社ではシートベルトチェックなるものがあるのでそんなわけにもいきません。
これ、実はMiniのリア用三点シートベルトです。”KANGOL”なんてロゴ入ってますのでドイツ車にはまったくヘンです、しかも色がベージュ!間にあわせのつもりで装着したのですが今のところこのままです。このシートベルト自分で付けたんですがちゃんと運転席は3点、パッセンジャー側は2点用の穴が開いていましたし、装着部のボルトもちゃんとフラット4で売ってました。でも。。このシートベルト、イザってとき機能するものだとは思ってませんがね。。。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 11:15 | コメント(2)| トラックバック(0)

朝日が眩しい

冬になると朝の日差しがもろ進行方向にあるんでとっても眩しい!
ちょっと前になりますがサンバイザー装着しました。
これ、パッケージです。なんとも怪しい(いやらしい?)感じの色使いです。
baiza-
あけてビックリのなんとかですが、なんとバイザーを差し込むための穴がありません!おまけに説明書もなんもありません。
どーやらアメリカ製のようなのでパッケージにあるURLから調べてみましたが商品についての細かい記述なんてありません。
ananashi
仕方ないのでフラット4に問い合わせたところ以前の商品は穴が開いていたが、いつからか一体成形するようになって穴が無くなってしまったとか、でも芯は残されているのでお客様の方で開けてくださいだとか。。。
バイザーを手でさぐってみると確かにパイプのようなものがある感じです。友人と一緒に笑いながらドライバーでグサっと穴を開けました。
グリグリしながらなんとか直径5mm程度の穴を開けました。
anaake
無理やり?手探りしながらもなんとか装着ぅ!う・れ・し・い~
souchaku
フツーの車ならあるのが当たり前のサンバイザーですがこんなものでも無いとホント不便(というかキケン)だったのでとっても◎!!!
でもでも、この写真見て知ってる人は気がつくかもしれません。。。ほれ、ほれあれがないじゃん。カルマンのミラーステーの付け根には本来ルームランプがあるはずなのですが小生のカルマンにはありません!カナシイことにルームランプのあるハズのところは内装で覆われています。そのあたりを手でさぐってみるとルームランプの型だけが中に残されているのがわかります。しかもカタログを見てもカルマンのルームランプはリプロで売ってそうにありません。いつかどこかで出会える日を楽しみにしてますよルームランプレンズくん。ションボリ。。。。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 23:16 | コメント(2)| トラックバック(0)

スタッドレス装着

タイトルそのまんまです。
友人の協力もあり手にすることができたスタッドレスタイヤを今日、装着です。先週やろうと思っていたら問題発生!。。。現在アルミを装着してるボルトは長くて鉄チンホイールだとドンつきになってしまいホイールを装着することができませんでした。
テーパーがついてるボルトなんてみあたらないし、そこらのボルトでいいやって訳にもいかんでしょうから部品が来るまで一週間ガマンしました。短いのが今回購入したストックタイプのボルトです。boruto
装着完了。走った感じはこっちの方が具合がいいです。なんていうか思いのほか素直に真っ直ぐ走るンです。165-65から165-80+スタッドレス(車高が5cmUPしました)に変わったんですがフニャフニャした感じが古い車には、しっくりきてる感じです。
sutaddo
う~んこうなっちゃうとホイールキャップ欲しいな~、まっ、この5ケツがビンテージの証でいいんですけど。。。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 18:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

温まってね!

デスビ交換のときについでにこんなもの装着してもらいました。
マニホールドヒーターです。写真ではわかりずらいでしょうけど
黒いラバーのようなものがそうです。
manihita
これ、空冷VWでは昔?っからあるものらしいです。
フラット4エンジンみて最初に思うのはマニホールドが異様に長いっす。そりゃそーで真ん中に一個しかないキャブから四方のエンジンに分散させなければならないですものね。ノーマルのエアーフィルター装着車の場合は温かい空気を利用するようになってるようですが小生のカルマンはあいにく後付のエアーフィルターです。すっごく寒いときにエンジン冷えきった状態だとマニ部分がさらに冷えてしまってまったく気化しなくなってしまうらしいです。(アイシングってやつです)その防止用に贅沢にもマニちゃんは電熱ヒーターでホカホカされてます。
よっぽど寒くないとならんらしいですが先日のデスビ不調の際に寒い時にエンジン不調というのはマジ、ツライことを痛感しましたので。。。。
でもこれ、コイルのプラスから常に通電している状態なので冬が終わったらヒューズを外しておかなければなりません。
ってことで冷えてる時だけ通電するようにサーモスタットスイッチでもつければいいかな~なんて考えてます。
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 23:52 | コメント(1)| トラックバック(0)

メーターバイザー

先日報告したメーターバイザー装着しました。
こんな感じです↓
baiza-

個人的には気にいってますが、オリジナル志向の方には怒られそうです。。
下記は正面から見た感じで違和感はありません。baiza-shoumenn
でも実は一番目障りな光の反射はセンターにある小さいフェールゲージの光です。このメーターにはバイザーを装着するふちがないのでどーしようかなと考え中です。
とりあえず完了。
ということで至福のBeertimeです。
普段は”ビール”というなのつくものは飲めません(発泡酒以下の雑種っていうやつです。。。ショボン。。)自分への褒美です。!
えびすは美味しい!あ~幸せです。
beer
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 18:58 | コメント(2)| トラックバック(0)

100円均一フリーク

たぶん、小生に限らず、100円均一ショップで素材を探し回る人は少なくないと思います。小生も例にもれず、結構好きです。
ただ、あまりにもチープな素材ばかりなので実際には苦労しますが。。。昨日記述したメーターの映り込みですがこんなもの作ってみました。(このアールを出すのが意外に苦労しましたけれど。。)me-ta-baiza-
これはですねーメーターの上につけるバイザーです。フロントガラスへの光の映り込みを防止するためにメーターの上にバイザー(帽子のツバみたいなもんす)をつけようってこんたんです。
もとはっていうと。。。furui
これは100円ショップで買ったフルイです。こんなを板金はさみで切ったり曲げたりして作りました。(このフルイはステンレスなのでバイザー1号の試作でつくりましたが、ステンレスの切れ味があまりもいいので、それを顔面前に装着するのはやや不安をおぼえましたので試作2号としてアルミ製のものを使いました)
なんのこっちゃわからないと思いますので週末に装着してみますね。
結構いいアイデアと個人的には思ってます。(自己マンです)
パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 23:44 | コメント(2)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
空冷ワーゲンのスペシャルショップ
ホビダス[趣味の総合サイト]