KAKAAのカルマン 10年乗ったミニを手放して63年式のカルマンギアを購入。通勤車はこれだけ!ミニでなんとかのりきれたんで調子にのってビンテージ車を通勤車としてしている。これからどうなるんだろう?なにがあるんだろう?

最近の記事
引っ越ししました。
04/25 21:03
へぇ~そうなんだ。
04/19 22:09
オイル交換そろろ
04/14 21:28
オイルチェック
04/11 20:58
通勤できる喜び
04/07 22:17
現在の状況
03/23 12:00
カッフン
03/10 22:05
寒い~3月。。
03/03 22:54
う~ん、ほんと少なく…
02/20 20:44
あ。。。雪が。。
02/15 00:11
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 06:02
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 05:30
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 13:59
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:10
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 13:49
最近のトラックバック
2010 イベントレ…
10/09 09:06
2010 イベントレ…
10/08 02:48
第2回カルマンギア1…
10/05 17:25
カルマンギア フロン…
06/04 16:41
MORE APE
11/24 00:12

ベアリング交換

先日発覚したベアリングの破損と思われる異音。
緊急的に増し締めで処置したもののそれでいいハズがありません。
ってことで購入した部品です。
オイルシール、ハブロックワッシャー、インナーベアリング、アウターベアリングです。ベアリングだけは1セット分です。
EMPIのベアリング?ちょっとイヤな予感がしましたが案の定どこぞやの国の製品です。ちょっと心配。。。オイルシールはアメリカ製のようです。
ベアリングセット
ベアリングはテーパーローラーベアリングです。
テーパーローラーベアリング
ベアリングの型式は規格ものですからどこで買っても同じだろう。。
でも、ものの本によればベアリングは適材適所がいいようで、ベアリングの精度だけ高めてもムリが生じる場合もあるようです。そこまで先読みしてこれなのかな?
↓これはインナーだったかな?30305とありますが左から型式、幅、直径、内径とのことです。
ベアリングNo

さて、作業にとりかかりましょう。
いきなりここまでですみません、専念していて写真撮ってません。
キャップ外して、ダブルナット外して、ブレーキ緩めて、ドラムは難なく抜けました。ついでドラムバックプレートを外してここまでです。
小指で示しているところにガタがきていました。ひとさし指が指しているのはスピードメーターのインナーです。(スピードメーターのワイヤーがドラムの裏側から軸の芯穴を貫通しているなんてちょっと面白い)
スイングアクスル
ベアリングは購入したもののリンクピンまではちょっと。。。
とりあえずリンクピンを留めているネジをゆるめてネジのガタ分だけ
リンクピンをちょっぴりつめることができました。多分これではすぐにまたガタつくでしょうが今日のとこはここまでです。シロートが深追いは禁物。。
この後ドラムから古いベアリングを外し、向きを間違わないように新しいベアリングセットしてグリスぬりこんで完了です。
ベアリングとオイルシールの組み込みには異物とかコジリとかないように慎重に組みましたがこーゆー大事なところを自分でやるのはやっぱりちょっと心配ではあります。

さて、今回発見できたことを紹介しましょう。
これはドラムを留めているダブルナットが緩まないようにしているもののようですが緩まないようにするひかっかりの部分が破損しています。つまりナットがくるくる回ってしまう状態に。。。コワっ。ちなみに右側が新品です。
ハブロックワッシャー

それでは次に異音原因のベアリングをみてみましょう。
これはとり外したベアリング達です。ご苦労さまでした。
新品はテーパーローラーベアリングですが古いベアリングはテーパーボールベアリングです。(ベアリングはドイツ製、オイルシールはブラジル製でした)
。。。
役目を終えたベアリング達
はて?ベアリングのどこが破損していたのでしょうか??ボールにキズはありません。(オイルシールは外したときのへこみ)
でも、、アウターベアリングの軸受けをみると。。
フレーキングベアリング
ありゃら~、ボールの受け部分がガリガリのボコボコになっています。調べてみるとフレーキングという症状で疲労によるもののようです。運転者同様ベアリングも疲れきっていたということのようです。
うん、交換してヨカッタ~。

でも。。本来ならベアリング交換は左右やるのがよろしいようです。ちょっと不安になったので右側のベアリング状態も覗いてみました。
キャップを外して中を覗くと。。。あれ?こっちのベアリングは新品と同じタイプのテーパーローラーベアリングです。どうやら過去にこちら側だけ交換して左側は交換していなかったので今回左側のヤレが出てきたのでしょうかね。
ちょうどいいやこれで左右同じタイプのベアリングじゃい!
右ハブはローラータイプだった! 

次にこれらのことがもたらした影響といいましょうか。。タイヤを見てください。
タイヤの片へり
右が今回ベアリングが逝っていた側のタイヤですが左のタイヤと比べると明らかに片べりしています。
軸にガタがあるとタイヤの両端が丸くなったりするようですが本物?を見たのは初めてです。

最後に定期グリスアップとブレーキドラム調整、クラッチワイヤーの調整をして終了です。
走行した感じですが走行音は静かになりましたし、微振動もなくなりました。

今回の車軸受け異常時の症状は下記でした。違う場合も多々あるでしょうがご参考までに。。。
①走行中にブワーン、ブワーンと比較的周期的な異音がしてました。
②走行中ハンドルに微振動が常にありました。
③ジャッキアップしなくてもタイヤの上をつかんで左右に揺するとカク、カクと動くのがわかりました。
④バックしたり、左に曲がろうとする瞬間(今回フロント左がガタ付きデス)にちょぴりですがカクっとアタリがあり、音とともにハン ドルからもちょっぴりアタリが伝わってきました。(これはリンクピンの緩みだと思います)
⑤ジャッキアップしてタイヤを回したときゴーって音がしました
 (これは決定的ですね)

うわー今日はとっても楽しかったけど疲れたな~、趣味でこーゆーことやっている分にはいいけどこれが仕事だったらやっぱり大変だとつくづく思います。全国の空冷VWショップの皆々様、ありがとう&お疲れ様デス。

今日はビールが美味しいぞこれゃ!!


修理? | 投稿者 KAKAA 18:15 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<  2007年 6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
空冷ワーゲンのスペシャルショップ
ホビダス[趣味の総合サイト]