KAKAAのカルマン 10年乗ったミニを手放して63年式のカルマンギアを購入。通勤車はこれだけ!ミニでなんとかのりきれたんで調子にのってビンテージ車を通勤車としてしている。これからどうなるんだろう?なにがあるんだろう?

最近の記事
引っ越ししました。
04/25 21:03
へぇ~そうなんだ。
04/19 22:09
オイル交換そろろ
04/14 21:28
オイルチェック
04/11 20:58
通勤できる喜び
04/07 22:17
現在の状況
03/23 12:00
カッフン
03/10 22:05
寒い~3月。。
03/03 22:54
う~ん、ほんと少なく…
02/20 20:44
あ。。。雪が。。
02/15 00:11
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 06:02
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 05:30
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 13:59
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:10
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 13:49
最近のトラックバック
2010 イベントレ…
10/09 09:06
2010 イベントレ…
10/08 02:48
第2回カルマンギア1…
10/05 17:25
カルマンギア フロン…
06/04 16:41
MORE APE
11/24 00:12

今年もあいつがやってきた。

来ては困るけど来ないのも困る。
ぼちぼち梅雨の季節です。雪不足の折、梅雨の雨はとっても重要です。でもこの時期はホント憂鬱です。
空冷VW買ったらまず、クリ○ンビューを買え!って言われるくらいです。
本日は雨。。このまま梅雨入りしちゃうのはイヤだYO。
日記 | 投稿者 KAKAA 23:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

ドラえもん も持っている!?

・のび太  :ね~ドラえもん~、いつもの出してよ~
       
・ドラえもん:のび太くん、ダメダメ、いつも頼ってばかりじゃ

・のび太  :やだやだやだ、ドラえもんのバカバカ~!

・ドラえもん:しょうがないな~

   ”♪ジャカジャチャッチャーン~♪”
  
   ”♪スモールライトぉ~”

って名前はそのままですが、物を小さくする機能はありませんが車にもスモールライトがたいていついております。
実はまたもやスモールライト右側不調です。今度はウインカーは点滅しているのにスモール時に点灯しておらんのです。
出張の帰り、前方の車に写ったカルマンの前顔からわかりました。
スモール片目
あらら、カッコ悪い、こーゆーのってボロさが2乗に比例して見えてくるので避けたいです。
まーいつもの事ですがにわか処理して一応点灯も点滅もするようになりましたが、ちゃんとしてあげなきゃと思いつついつもそのままです。
それはなぜかと申しますと、スモールの異常に気づくのがいつも夜近くになってからなので直すなら明るいときにやろうとその場はやっつけ?で済ませて、その後忘れてしまうのですヨ。こーやってブログに書いていても。。。。。

っところでライトついでにヘッドライト点灯時はこんな感じ。
ヘッドライトON!
暗いのはいがめないのですがオモシロイのはヘッドライトを点灯するとスモールは消えるのです。
なんのことないですが近頃の車(いや二十年前の日本車でも)はヘッドライト点灯してもスモールはいちいち消えませんよね??多分、四十年も前の車ですから当時のプアなバッテリーとジェネレーターをカバーするためにこのような機構になっているんでしょうかね。これって結構キケンで もし、ヘッドライト片側がなんらかの原因で消えてしまうと真っ暗な道では反対車線の方にはバイクでも走ってきてるのかと勘違するのでは?っと思いますが。。そーゆー安全面の事もこの車を乗っていると今に至るまで色んなことがあって改善されてきて進歩しているのだろうな~と改めて感じマス。

スモールライトレンズの装着ですが2本の木ネジ?でユルユルにとまっているだけです。走行中に外れやしないかとこれもちょっと心配。
スモールのアップ





   
日記 | 投稿者 KAKAA 23:13 | コメント(2)| トラックバック(0)

マンボウのお口

相変わらず地味なことしかUPしていない小生です。
華やかさがまったくありません。
今回も地味です。
かなり前、茨城の大洗にある水族館でマンボウをみました。
デリケートな生き物らしくなんだかとっても元気がなさそうに思えました。なぜ、そんなことを思い出したのでしょうか。。。
それはこれです↓
マンボウのお口
これはカルマンのフロントフードを開けて撮ったものです。
ぽっかり穴があいていますが本来ここの穴はブーツで覆われています。ホーンも本来2つですがホーンが片隅に一人ぼっちでたたずんでおります。雨の日の走行後は当然水が浸入します。。。でもそのままです。ここのブーツはFLAT4で売っていますが小生の金銭感覚ではその割に安いものではないと感じています。それに純正のホーンの大きさをカバーするようにブーツは作られているのでホーンもちゃんとしてあげないと意味がないかもしれないと思う気持ち半分、こんなとこ塞いだところで別のところからも水が浸入してきますので今の状態ならかえってこの方がマシのような気がします。
しばらくイケナイ感じ特集でもしようかと思っています。。。
カルマンは横に平べったく、マンボウは縦に平べったいので似てもいないのでしょうがカルマンの特徴とマンボウが小生の脳みその中ではかぶっています。
(ちなみに写真では見えないですが十字にミゾが打ってある中心にも穴が開いています。これが本来の水抜き穴です)

小生がカルマンを購入する際に見たいくつもカルマンはここのブーツが無いもの全てでした、それと十字の穴の中心がひどく錆びているものばかり(ヒドイのはパテで埋めてあった!)カルマン市場の良くないところばかり見て来てしまっている小生にはこれでも随分マシと思っておるのです。と自分のカルマンのフォロー。

日記 | 投稿者 KAKAA 21:46 | コメント(2)| トラックバック(0)

あ!カルマンだ!!

自分もカルマンを乗りながら思わず叫んでしまった。
近所でカルマンをみたのは多分20年ぶり、いやもっと経つだろうか。。。。
それほど見ないのです。
昨日、国道18号を走っていた明るいクリーム色?のキレイなカルマンさんカッコよかったな~ダブルバンパーピカピカ、ホイールキャップピカピカの三日月テールの貴方ですよ。ってわかる訳ないか。。。

記憶にあるカルマンは当時野ざらしになっていた赤のカルマン(今はどうなっているのだろう?・)、と水色とルーフが白のType3カルマン。(これは10年くらい前)
走っているカルマンを見かけたのは私が高校生の頃黄色のカルマンにマークⅠのホイールを履いたロックンローラーらしき方が乗っていたカルマンと濃い緑のメタリックカルマンでダブルクワイエット装着車高ベタベタの彼女付きカルマン。それ以外にもきっとみたのでしょうけれどもまったく記憶にございません。(多分、当時は興味がなかったからかな?)
日記 | 投稿者 KAKAA 00:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナチュラル可変ワイパー

時折ワイパーが早くなったり遅くなったり。。
動いているからいいやとそのまんま放置。。
先週あたりから断然動きが遅い!間欠ワイパーではなく間遅ワイパーとなりました。目の前をワイパーが芋虫のごとくのんびりのんびりと這うように左右に動きます。見てておかしい、一人で笑いながら車を運転する変質者状態。。
と・こ・ろ・が。。昨日のにわか雨時ワイパーはとうとう動かなくなってしまいました。。雨の中ワイパー動かんのコワかった。。。
でま、症状からして間違いなくここだろうと。。↓
ボルテージレギュレーター
’63年式カルマンは元々6V、そいつを12Vにしてるものですからワイパーの配線の間にこいつを挟んでワイパーの動き適度にしているものです。いろんなトラブルの原因となっていてこいつの使用自体あまり良いものではなさそうです。。
でもま、とりあえず接点を見てみましょう。
接点
ほれ、やっぱり黒く焦げたみたいになってます。
接点をちょっと磨いて再装着したらワイパーはきちんと動くようになりました。
気ままに動きが変わってしまうワイパーもキライではなかったのですがとりあえず様子をみましょう。

あ、これみて思い出した。初期のころ(多分20年以上前)タミヤのラジコンカー(確かカウンタックだったかな?)はこんな巻き線式の抵抗があってその接点をサーボで可動させてスピードを調整していたな~、抵抗かますタイプだったんでニッカドがすぐアガちゃって。。
しばらくしたらパルスタイプのコントローラーになってました。
車用にそーゆーのはあるのかな~。
(ちなみにそのラジコンカウンタック小生のではありません。友達のでした。高くて買えないから小生は手作りヘンテコ飛行機ばかりを。。。)

修理? | 投稿者 KAKAA 18:35 | コメント(4)| トラックバック(0)

パックンチョ

今朝は青空とまでいきませんがそこそこいい天気です。
軽く洗車です。(あっでも小生が洗車すると1日以内に必ず雨が。。。)

ところでこの車の良いところのひとつこれっす。
前も後ろもパックンチョ!、ってなんのことかといいますとフロントもリアもフードを支える棒がなくてもいいこと。
自立して開いてくれるのはものすごく便利です。これって素敵~!
何気ないことですが楽々で嬉しいです。なんかミニカーみたい。
フロントパックンリアパックン

日記 | 投稿者 KAKAA 12:01 | コメント(2)| トラックバック(0)

パーセルシェルフの取付とフラワーベース

今日は天気も良く、こーゆー日は日曜大工?の虫がさわぎます。
あまり使わないだろうけどちょっといいなと思って購入しました。
ところでどうに取り付けるの?説明書なんてありません。貧粗な金具が二個付属しているだけです。
ご自由にどうぞ的な感じがこういったパーツ類は当たりまえ。
さて、どーしたらいいものか、
どーしたら??

ダッシュ下です。ここにどーやって付けるの??↓
途方にくれるの図
ボディーに穴をあけて取り付ければしっかりするかもしれませんがそれはなんとなくイケナイ気がします。
でも、どーしよう~ご覧のとおりダッシュ下には穴や突起がなく取付ようにも。。。

カーペットを剥がしてみたら、あ、いいのがあるじゃん。補強のパイ
プの様なものがあります。うん!いいぞこれがあればいける。↓
カーペット剥がす

家にこんなものがありました。これ、使えそうです。
でも、U字金具の補強出っ張りがあり、さっきの補強パイプの裏側に通せません。↓
U字金具

では、とういうことでハンマーで一旦、平らにします。↓
ハンマーで。。

付属の金具を90度曲げ、こんな感じに装着に両側に設置。↓
取付!

ハンドルポールの根元にもこんな金具を作って3点止めにしてみます。蝶つがいになってますのでペダル類のメンテのときに邪魔なら両側のネジを外せばパーセルシェルフはリフトUPできるようにと。。。でも多分使わないけど。↓
根元にも

カーペットを元に戻して完成です。(完成写真なのにピンボケ~)↓
完成!
装着した感じですがしっかり感がまだ不足です。パッセンジャー側が一点止めなのでちょっと弱い感じがしますが、とりあえず終了。
あ、それとフラワーベースも。。
あれ?赤の’57さんのと違いはじめから金具が接着剤でとめてあります。どーしよう磁石がつけられないじゃん!この金具ガッチリくっついてるんで取るのも面倒です。
フラワーベース

ってことでとりあえず付属の金具をJ字に曲げてグローブBOXの隙間に挟んでおきました。元々チリが悪く隙間がカッコ悪かったんですが正面からみればゴマかし効果があっていいや。
え、グローブBOX開けると水がこぼれるんじゃ?
でも平気。少ない水の量だとこんな形状してますんで結構○です。ま、いいか。↓
プチハートを
パーセルといい、フラワーベースといい今日はデジカメで撮ったんですが完成写真がどれもボケボケじゃん(ちょい涙)



パーツ取付 | 投稿者 KAKAA 21:04 | コメント(6)| トラックバック(0)

私の趣味感

小生は、いくじなしです。反面負けずキライなのかもしれません。
具体的な点数をつけるものは小生には趣味とはならないようです。
結果が数字であらわれるものは小生の感性では趣味とはならないようです。
毎日、毎日、仕事では結果が問われる。。くたびれます。
ですから趣味には点数をつけたくありません。点数が低かったり、負けたりしたら悔しくて悔しくて仕方がなくて休まるどころではなくなってしまうからかもしれません。
一時期はスノーボードに相当はまりました。まだ、販売店もなく、ほとんどの人が知らない時期から十五年ばかりやったでしょうか。。滑れればスゴイ、曲がれれば嬉しい、、そんな頃でした。
うまいかうまくないかははたからみれば一目瞭然なんですが、自分自身では、昨日までできなかったことができるようになっただけでそーとーハッピーです。楽しくて楽しく仕方ありませんでした。
ところが流行ってくるとオリンピック競技になったり、俄然レベルが上がってシロートとはいえ、ありえないエアーを決めまくる。。。どんどん自分のものになっていないそのスポーツを趣味とは思えなくなってしまいました。体力的な問題もあったのでしょうけど。。。
釣りも試みました。でもやっぱり結果が定量的に出てしまうのですぐにやらなくなっていました。
気がつくと趣味といえるものが身の回りからなくなっていました。
MINIに乗っているころにもキャリアにボードを積んで行きましが、MINIが趣味といえるほどハマッテいる感はありませんでした。でも、でも楽しいと思えることが沢山ありました。初めて自分でやったオイル交換、キャブの調整、ブレーキパッドの交換、車高調整キットの組み込み、たった十年でボロボロになったウオーターポンプの交換、どれもこれも自分ではとーてい縁のないことだろうと思ったことが曲りなりにもできたこと。どれもこれもプロからみればいい加減な処置だったかもしれませんがだれも定量的な点数をつけることはできません。
今はどーでしょう?壊れる車はイヤだし、お金のかかるのはそれ以前の問題です。け・れ・ど・何もないとつまらない、でも何かあっても困るんですよ。そんな心の矛盾とリンクしてしまったのが今のカルマンなのかもしれないなあ。。車が趣味なんていえるほど知識もなければ経験もありません。でも楽しいのは事実です。これはやっぱり趣味なんです・か・ね。。
日記 | 投稿者 KAKAA 23:23 | コメント(4)| トラックバック(0)

ツーリング

先日ツーリングのお誘いがありまして軽井沢まで行ってきました。
これは途中の写真です。
tu-rinngu
年式順に並んでいます。スプリットから78年式まで勢ぞろいです。
59年式の超極上カルマンもあります。
tu-ringu
ここは碓氷峠旧道の途中にある碓氷湖というところでしんみりとした感じのところで近頃では近くに日帰り温泉などができていますし、峠のふもとには鉄道文化村やおなじみの釜飯屋などあり、高速で通り過ぎるにはもったいないところです。

ところでツーリングは軽井沢をぬけて草津まで行く工程でしたがくたびれてしまった小生は途中の軽井沢まででリタイアです。
なんともはり合いのないつれ(小生のことですよ)で申し訳なかったのですがそれでも小生は十分、楽しかったですヨ。
日記 | 投稿者 KAKAA 16:53 | コメント(4)| トラックバック(0)

なんとも情けない音が。。

小生のはクイックシフターが付けられています。(購入時から)
ちょっとカバーを外して。。。
shufuto
前から気になってはいたのですがシフトチェンジするたびにヒコヒコとなんとも情けない擦れ音?がします。
グリスが切れているのかな?ちょっとシフトを外してみましょう。
shufutone
どろどろのグチョグチョのグリスの死骸?が詰まってます。
でも、みたところ乾いた風はありません。音の発生場所はここではないようです。外したシフト単体で動かしてみても音はしません。
でも、これ以上、小生にはどーもすることができないので古いグリスを拭いて新しいグリスを塗っときました。
あっ、しまった元の位置をマーキングしておくのを忘れていました。
元の位置がわかりません。バカ穴があるので多少前後に調整できるようです。ん~、ネジの跡を見つけてみましたがわかりません。でも、以前よりシフトフィーリングで気になる点があったので多分このいちだっただろうと思うところからわざとずらして装着してみました。

結果。なーんにもかわりません。。

shifutomoto

でも、ノーマルのシフトはいったい誰が所有されているのでしょうか?それとも当初のころ交換したからいらないやと捨てられてしまったのでしょうか?どんどんノーマルパーツが少なくなっていく固体のそれらのパーツはどこにあるのでしょうか?別に不思議なことでもなんでもないですが車の数だけパーツはあるのにな~
日記 | 投稿者 KAKAA 10:21 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2007年 5月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
空冷ワーゲンのスペシャルショップ
ホビダス[趣味の総合サイト]