KAKAAのカルマン 10年乗ったミニを手放して63年式のカルマンギアを購入。通勤車はこれだけ!ミニでなんとかのりきれたんで調子にのってビンテージ車を通勤車としてしている。これからどうなるんだろう?なにがあるんだろう?

最近の記事
引っ越ししました。
04/25 21:03
へぇ~そうなんだ。
04/19 22:09
オイル交換そろろ
04/14 21:28
オイルチェック
04/11 20:58
通勤できる喜び
04/07 22:17
現在の状況
03/23 12:00
カッフン
03/10 22:05
寒い~3月。。
03/03 22:54
う~ん、ほんと少なく…
02/20 20:44
あ。。。雪が。。
02/15 00:11
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 06:02
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 05:30
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 13:59
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:10
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 13:49
最近のトラックバック
2010 イベントレ…
10/09 09:06
2010 イベントレ…
10/08 02:48
第2回カルマンギア1…
10/05 17:25
カルマンギア フロン…
06/04 16:41
MORE APE
11/24 00:12

リレーの再生

今日、朝起きたら雨。。
やった、雨だ!!。
と、なにを喜んでいるのかというと、雨の日にやろうと思っていたことがあったからです。
いつでもできることなのですがこんな良い季節に天気がいいとなんかもったいない。雨の日だったら退屈だからと雨が降ったらやろうと思っていたことがたまってきたものですから。。。
なんて、悠長なことを言ってますが本来すぐに直さなければならないことです。
それはこれ↓
修理前ウインカーリレー
そう、ウインカーリレーです。結束バンドで適当に止めてあるのがリレーです。これ、購入前からこんな感じです。結束バンドでの止め方も×ですが、問題はリレー自体。以前にもこのブログで書いたことがありますがリレーが点滅しない。。。ときがある。そんなときはこのリレーにデコパンチすると復帰するので何度かそーやってごまかしてきました。しかし、ウインカーが点滅しないって結構キケンなので速めに修理せねばと思っていたが天気がいいとついつい他のことに手を出してしまったりして。。。
さー交換です。なーんて交換なんてプロらしいことはしません。
ここはひとつリレーを”修理”。というのもデコパンチすると復帰するのでたぶん接点が焼けたりして固着してるんだろう、そんなことで交換してしまっては素人の名が恥じる(なにそれ?)
リレーはもちろん純正などではありません、ちょっと前の国産品です。というか車用かどうかも??もしかしてバイク用?
外側はアルミ製でカシメで全周をとめてありますのでそいつをラジペンでひん剥いて。。。↓
リレーの中身
あらやだんカワイイ、リレーの中身にはこんなんですのね、まるで竹の中のかぐや姫のようだ。(すみません、わからん例えで。。)筒のなかに貧弱な部品薄~い金属板があってなぜかカワイイと思ってしまった。(そーとー変態ですね)う~ん、この形なんかいいな~よくわからないけどなんかいいな~こんなうすペッらでちっぽけなものに特殊な工夫された形状がとってもそそります。
さてさて接点はどーかな?
リレー接点
ポッチがわかります?そこが接点です。でもこの写真じゃわかりませんね、一見なんでもないように思えます。でも、ダメダメ、実際リレーは不具合あるんですから。。。もうちょっと良く見てみましょう。最近はどーも近くが見えにくくなってきました。虫眼鏡で除いてみましたがよくわかりません。さあ、こんなときどーするか??小さいものがすんごくよく見える装置を小生はもっています。じゃじゃ~んこれです!↓
逆双眼鏡
そうです、双眼鏡です、双眼鏡は逆から覗くと小さいものがとってもキレイに大きくみれます。(アイレリーフの長めの双眼鏡ですととても見やすいです。別に特別なことではなく双眼鏡の説明書にも逆から覗くとマクロ的な使い方ができると書いてあります)
虫眼鏡と反対で対称物に近づければ近づけるほど大きく見えます。
見える大きさは虫眼鏡の比じゃないと思いますヨ。

あるある、見えるぞ~、正体は貴様じゃな!
と、一方の接点が銅製なのですがその銅のポッチが黒くガサガサになっているのが良く見えます。これゃあいかん。
さて。。。。この接点どーやって磨きます?隙間は1mmもないですよ。。。そんな薄いヤスリ持ってないし。。。。ムリヤリ接点部を広げたりしたら今度はウインカーが点灯のままになってしまいますし、この薄っペッらい板に電流が流れ続けるようになってしまったら発熱してとってもキケンそうです。慎重にやらねば。。。とちょいっとみたらいいのがありました、そう、カッターナイフです、こいつの片側にだけ#1000の耐水ペーパーヤスリを裏側からセロハンテープで止めました。↓
カッターヤスリ
こいつを接点の隙間に入れて焼けている銅側のみを双眼鏡で覗きながらシコシコしましました。う~んいい感じ。
次はヤスリを紙に替えて接点部のヤスリカスを除去しました。↓
カッターと紙
ほれ、白い紙に黒いカスが付いとるじゃろ。あーすっきり。接点部もピカピカになりました。(双眼鏡に携帯押し付けて写真取れるかトライしてみたのですがうまくいかなくて残念ですーたぶん×5倍あたりのデジカメがあればバッチリ撮影できたかな?)
ウインカーのカバーに何やら黒いカスが溜まってました。接点部のカスなのか外から浸入したゴミなのかわかりませんが。
カバーないのカス

さて、元にもどさなければ。。↓
カシメ復帰
カバーはアルミ製なので簡単にカシメを元にもどせます。
これはハサミの腹を押し付けてウインカーを回しながらカシメているところ。
リレー完成
ちょいとガタガタしているところはお許しを。。。
でもって、ウインカーをまた結束バンドで留めるのは忍びない。。
手持ちの材料でウインカーホルダー作って、完成じゃよ。
リレー完成
完成写真がボケボケ~。
ところで本来ウインカーリレーはどこにどのように設置されているのですかね~?上のウインカーリレー写真にもあるようにリレーのあるところのデッパリあたり?っというかこのデッパリもなんのため?ちなみにパッセンジャー側にも同じようなデッパリがありますがこちらには穴は開いてません。。
デッパリはなに?

あ、それとチャージランプ(左の白い方のランプ)もちょくちょく接触不良で消えたりしていましたので電球を外して接触部にアルミテープを貼り、対処しました。こちらもGoodです。
チャージランプ
と、こんなことをやっていたらいつの間にか雨止んでるじゃん!
もったいない。
















メンテナンス | 投稿者 KAKAA 23:33 | コメント(4)| トラックバック(0)

一級河川に架かる木の橋

新幹線に乗って出張することがたびたびある。
もう何度も。。先日ふと新幹線から木の橋が見えた。
”あ!こんなところにあったのか、今もあったんだ”子供の頃のかすかな記憶がよみがえった。だれと遊んでいたのかも覚えていないけれど家からすごく遠く(当時はそう思えた)に細い木の橋があってその橋を渡るのがものすごく怖く感じたのを覚えていた。その横を電車が走っていたな~田んぼに囲まれた場所で夕方近く日が暮れようとしているのに自転車が草などにからまって広大な田んぼの中から抜け出ることができずにこのまま帰ることができないんじゃないかとすごく冒険気分にかられたことがあった。今までも何度か思い起こすことはあったけれどしばらくその橋の場所なんて記憶の中から忘れさられていた。
思い出しちゃったら行きたくなってしまった。早速カルマンでお出かけ。(小雨が降ってるのに)、あ、みつけた。でっかいマンションの脇にある今でも不思議な雰囲気の橋だった。当時と比べ幅もあって随分立派になっているな~、昔の記憶では自転車でも往来するのがやっとだったような。。。。
近くまでは車で行けますが流石にこの橋は二輪車以下でないと通行不可。
佐野橋
利根川水系一級河川に架かってしかもこれだけ長い木の橋は今となっては珍しいな~。これでも橋の途中から撮った写真ですからね。
調べてみるとこの橋は佐野橋というのですね。2007年9月の台風による影響で橋が壊れてその年にまた木で作り直してます、凄いな~。
さすがに橋げたは鉄骨になってますが。なんで今更そこまでするのかと思ったらこの橋には歌があってその歌碑が市の重要文化財になっているとのことです。

   『かみつけの佐野の船はしとりはなし
             親はさくれどわハさかるかへ』

とあって、なんでも男がこの橋を渡って女のもとに通っていたのを、親が嫌って、橋の板を取り放しておいたのを、男は知らずに渡って川に落ち死んでしまったとか、その男の亡霊が現れ、男は女のもとに通い、橋の板間から川へ落ちた有様を学んで見せ、「東路の佐野の船橋」の歌に詠まれたとか。
う~ん、そうか、この橋は木でなくてならないのだ。もし鉄骨で作ってしまったらその歌碑が歌碑である意味がなくなるのね。
まさか、今でも橋の一部が取り外せるようになっているなんてことないだろうけど。。。(ホントにどこかにカラクリを残していたら凄い!ーな~んて。)、子供の頃からなんとも不思議な雰囲気のする橋だな~なんて思っていたけど今もなお、この橋がなんとなく不思議な雰囲気を醸し出しているのはこの橋のそーいった由来、そして今あるその不釣合いな景色。だって、写真では景色しか見えてないけど小生の立っている側にはどでかいマンションがあってさらに
その後ろには新幹線が行き来きしている、そして写真でも写っている陸橋が交差するかのように架かっている。近代とちょい古と凄く古いが混在する場所なのね。
佐野橋は作り直されたばかりですが、そーなると電車が走っている隣の陸橋の方が断然古い!橋げたをみればほれ。
レンガじゃん
レンガじゃん!
橋げたの残骸らしきものはこの陸橋の川の中にあたる部分を作りなおしたときに放り出されたままの橋げたの残骸じゃ。う~んなんとも。。。
佐野橋をあとにしてもう1つの木の橋へいってみた、まさに(ハシゴ?)
こちらの橋も一級河川に架かる橋ですが佐野橋と作りはそっくりですが長さは佐野橋とくらべて2/3くらいかな?
中華橋
この橋も二輪車以下でないと×。
こちらも以前から木でしたがやけにキレイなので何度も作り直されていると思います。
この橋についての話はちょっと調べたかぎりなさそうでした。
ちなみにこの橋には名前が刻んでありません。なぜだろう?
どんな短い橋でも必ず名前は刻んであるものだと思っていたが。。
ちなみこの橋は中華橋です、名前が中華橋なのかこのような橋の作りを中華橋と呼ぶのかはわかりませんけどとにかく中華橋です。
こんな木の橋ばっかり見せてるとここらには木の橋しかなそうに思われますが立派な鉄橋が五つもあるその狭間にこの木の橋、しかも
四輪車通行不可の橋がいまでもあるのがなんとなくおもしろい。

カルマンで行ったというだけでなんにもカルマンネタではありませんでしたが何故か急に素朴な橋が見たくなってしまった今日でした。


日記 | 投稿者 KAKAA 15:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

さむっ

昨日の夜も寒かったけど、今日はもっと寒い。
冬のそれではないもののコタツもとっぱらってしまったので
なんかツライ。風もみょうーに強い。
県内の北は零下だとか。。。北海道も雪らしいし。。
日記 | 投稿者 KAKAA 22:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

オイル交換⑦ 5月10日(日)

⑦は、カルマンを購入してから7回目のオイル交換ってことです。
前回が11月24日でした。(もっと前かと思っていたけど。。)
約半年ぶりのオイル交換でした。だんだんインターバルが長くなっているようで、いかん、いかん。。
そーいえば購入してからまる3年になりますね、この間の走行距離が25400kmでしたので年間8466km、23km/日です。
オイル交換は半年、4200kmに1回の割合で交換したことになるのかな?だいたいこんなものでよいのかしら。。
ほとんど通勤に使用ですね。この3年間でカルマンにいくら使ったか計算してみようかと。。(たぶん面倒なのでいつまでたってもしなさそう。。)
毎回感じますが(いや、気持ちがそー感じるだけかもしれません)
オイル交換後はことほかエンジン音、振動も少なくスムーズな感じで気もちイイです。

メンテナンス | 投稿者 KAKAA 21:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

さあ出かけよう!

一年の中で一番好きな季節。
なんといっても寒くない!!!、花粉も落ち着き。。
それに新緑!!!秋も過ごしやすいけど寒い、ツライ冬を前にするのとは気分が全然違う。たとえるなら秋は夏休みが終わるころの夏休みで、春は夏休みが始まったばかりの夏休みみたいな感じかな?
まったく個人的な気持ちですけど。。。でも気もちがいいのは梅雨前までのほんの数週間。。昨年は雨が早くこの感じがほんの数日しかなかったが今年はどうなるだろう。。


日記 | 投稿者 KAKAA 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2009年 5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
空冷ワーゲンのスペシャルショップ
ホビダス[趣味の総合サイト]